Modern and contemporary design kitchen | Dada
Wechat

Kitchens

様々な生活スタイルに合わせる事が出来るアイランドやペニンシュラ型のモジュールキッチン。

Dante Bonuccelliのような本物の専門家によって創られる、高級でデザイン性の高いイタリアンブランド、それがDadaキッチンです。

アルゼンチンのデザイナーであるDante Bonuccelliは日常生活をテクノロジーと結合させるデザインが得意なことで有名です。

Trimはその一例です。空間の適応性と収納力を掛け合わせた革新的なキッチンとなりました。

十分な引き出しやドロワーがない場合、この革新的なキッチンはウォールユニットとワークトップの間のスライディングガラスドアで隠されている背面部分のスペースを有効的に提案できます。

2008年にグッドデザイン賞(USA)を受賞したTrimの技術と機能はTivaliと競合します。

Tivaliはサイドコンパートメントにスライドドアを収納するDadaの特許を取得したメカニズムにより、魔法のように現れたり、消えたりする、キッチン本体を完全に収納するキッチンボックスシステムです。

2016年、TivaliはLEDウォールを搭載したコーナーバージョンで利用可能です。

Velaシリーズのキッチンもまた、Dadaのため開発されたBonucceliプロジェクトの1つです。

まったく新しい間口システムとわずか13㎜の非常にスリムなドアを取り入れたクラシックデザインの完璧な復帰作となりました。

アイランドやペニンシュラ型のモジュラーキッチンはMolteni&Cのアートディレクターを務める、Vincent Van Duycenの世界観を演出します。

側面の薄さやワークトップの堅牢さのコントラストや、異素材や重厚感の演出を織り交ぜることにより、ダイナミックで洗練されたキッチンを実現しています。

VVDシリーズはハンドルレスデザインのキッチンだけでなく、アクセサリーや調理シーンに活躍するワゴンなどのアイテムも豊富です。VVD専用トロリーにはアルミニウムフレームの構造にオープンドロワーや引き出しトレーが内蔵されています。

VVDキッチン技術の要となるのは180°オープンドアを可能にしている革新的なピポッドヒンジと魅力的なLEDバー。

これらのソリューションは2017年にキッチン部門のEdida賞を受賞しました。

Hi-LINE6はFerrucio Lavianiデザインのモジュラーキッチンスペースに、高めに設定されたベースキャビネットとハンドルレスドアの開閉システムなど、実用的な要素を備えた魅力的なディテールが満載です。

一方で、ミラノのデザイナーであるNicola GalliziaによってデザインされたInDadaはシンプルさを追求したデザインキッチンです。

極限まで削ぎ落されたシンプルなデザインとカラーはクライアントと一緒にデザインをし、カスタムできるキッチンとしてイタリアで人気を博しています。

最後に、Dadaの歴史の中でも最も象徴的なキッチンのひとつであるBancoシリーズを紹介しましょう。

1994年にLuca Medaによってデザインされ、最近では新しい素材と全く新しいコントラストを使用してBANCOシリーズがリデザインされました。

BANCOはイタリア語でベンチという意味で、その名の通り、ベンチをイメージした横長のカウンターにアルミ押出成型の堅牢なフレーム、床から離れた浮遊感のあるサスペンドユニットを組み込んだキッチンです。

各家庭のスタイルにあったアイランドやペニンシュラ型のモジュール式のキッチン。

Dante Bonuccelliのような本物の専門家によって創られる、高級でデザイン性の高いイタリアンブランド、それがDadaキッチンです。

アルゼンチンのデザイナーであるDante Bonuccelliは日常生活をテクノロジーと結合させるデザインが得意なことで有名です。

Trimはその一例です。空間の適応性と収納力を掛け合わせた革新的なキッチンとなりました。

十分な引き出しやドロワーがない場合、この革新的なキッチンはウォールユニットとワークトップの間のスライディングガラスドアで隠されている背面部分のスペースを有効的に提案できます。

2008年にグッドデザイン賞(USA)を受賞したTrimの技術と機能はTivaliと競い合っています。

Tivaliはサイドコンパートメントにスライドドアを収納するDadaの特許を取得したメカニズムにより、魔法のように現れたり、消えたりする、キッチン本体を完全に収納するキッチンボックスシステムです。

2016年にTivaliは、LEDウォールを搭載したコーナーバージョンを追加しました。

Velaシリーズのキッチンもまた、Dadaのため開発されたBonucceliプロジェクトの1つです。

まったく新しい間口システムとわずか13㎜の非常にスリムなドアを取り入れた伝統的なデザインの完璧な復帰作となりました。

アイランドやペニンシュラ型のモジュラーキッチンはMolteni&Cのアートディレクターを務める、Vincent Van Duycenの世界観を演出します。

側面の薄さやワークトップの堅牢さのコントラストや、異素材や重厚感の演出を織り交ぜることにより、ダイナミックで洗練されたキッチンを実現しています。

VVDシリーズはハンドルレスデザインのキッチンだけでなく、アクセサリーや調理シーンに活躍するワゴンなどのアイテムも豊富です。VVD専用トロリーにはアルミニウムフレームの構造にオープンドロワーや引き出しトレーが内蔵されています。

VVDキッチン技術の要となるのは180°オープンドアを可能にしている革新的なピポッドヒンジと魅力的なLEDバー。

これらのソリューションは2017年にキッチン部門のEdida賞を受賞しました。

Hi-LINE6はFerrucio Lavianiデザインのモジュラーキッチンスペースに、高めに設定されたベースキャビネットとハンドルレスドアの開閉システムなど、実用的な要素を備えた魅力的なディテールが満載です。

一方で、ミラノのデザイナーであるNicola GalliziaによってデザインされたInDadaはシンプルさを追求したデザインキッチンです。

極限まで削ぎ落されたシンプルなデザインとカラーはクライアントと一緒にデザインをし、カスタムできるキッチンとしてイタリアで人気を博しています。

最後に、Dadaの歴史の中でも最も象徴的なキッチンのひとつであるBancoシリーズを紹介しましょう。

1994年にLuca Medaによってデザインされ、最近では新しい素材と全く新しいコントラストを使用してBANCOシリーズがリデザインされました。

BANCOはイタリア語でベンチという意味で、その名の通り、ベンチをイメージした横長のカウンターにアルミ押出成型の堅牢なフレーム、床から離れた浮遊感のあるサスペンドユニットを組み込んだキッチンです。

 

Molteniグループの製品、ニュース、イベントのお知らせを受け取る

    Select your country