Wechat

シェア:

Kitchens

Vincent Van Duysen(ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセン)のデザインによる象徴的なキッチン「RATIO」。新しい機能が導入されて、いっそう充実しました。

Design Vincent Van Duysen


スペック

ウォールユニット、コラム、フード、アクセサリーなど基本構造はメタルグリッドからなっています。引き出しがある部分と、空間、異なる厚みのトップがスレンダーでミニマルな機能性(テクノロジー)の部分と構造の部分に配され、エレガントなバランスの相互作用をつくり出しています。

常に温かさと地中海的な特徴を求めてマテリアルリサーチを行い、サーモオーク材のような精巧なエッセンスと、新しく加わったブレッチア・カプライア大理石のような美しい自然石をミックスし配置しています。

お客さまの厳しい要求にもお応えできるよう、スラット入り扉と内部照明を備えた新しいフロアベースにより、「RATIO」をさらに充実させました。ハンドル断面には扉と同じ厚みを持たせ、構造にリズムを与えるような装飾的なフレームとしました。

Design

Vincent Van Duysen

ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセンは1962年、ベルギーのロケレン生まれ、ゲントのサンルカス建築大学建築学科を卒業。1986年から1989年までミラノとブリュッセルで活動。1990年、アントワープに自身のスタジオを開設し、建築とインテリアデザインに主軸を置くようになった。その作品はインテリアデザインと建築が深く融合している。家具とアクセサリーは建築学の視野を取り入れてデザインされ、形にとらわれず、インテリアスペースとそれを包む建築の関係を深く理解して表現されている。ヴァン・ドゥイセンは極めて純粋でシンプルな作品を創造し、その作品は実用的で力強さにあふれている。

全経歴
Vincent Van Duysen

"Protection is something very important that we all need and that is something that I want to translate into my architectural and design work"

Vincent Van Duysen

Molteniグループの製品、ニュース、イベントのお知らせを受け取る

    Select your country